こんなサービス

Instagram(インスタグラム)の運営・運用代行は、文字通り企業や店舗のインスタアカウントを代わりに運営するサービスです。インスタは全世界で10億人以上、日本国内でも3000万人以上が利用し、個人のプライベート利用はもちろん、自社のブランディングやプロモーションに利用するのが当たり前となっています。

しかし定期的な投稿の難しさ、思うような反応が得られない、そのような状況からアカウントは作成したけど更新頻度が徐々に落ちて、その後は放置という会社・店舗は少なくありません。

「インスタ運用を考えているけど時間が取れない」「どんなハッシュタグを入れれば良いか分からない「魅力的な写真が用意できない」「フォローもいいね数も増えない」そういった会社や店舗向けのプロモーションツールとして活用いただければと思っています。


インスタ運用代行の内容

サービスの内容は運営会社や、希望するプランによって異なります。アカウント開設から全ての運用を任せると、このような内容になります。

運用内容

・アカウント開設
・プロフィール作成
・ハッシュタグ選定
数年前は「ググる」という言葉がありましたが、今は「タグる」という言葉もあるくらいハッシュタグは重要なポイントとなります。自社とターゲットに合ったタグ選定と、適切なタグ数を提案します。

・投稿とキャプション作成
投稿は基本的にゴールデンタイムと呼ばれる12時と18時が好ましいと思いますが、ここもターゲット層のアクティブな時間帯から考えます。またキャプションに入れる文章が専門的になる場合はお客様に用意していただくこともございます。

・写真撮影
インスタは基本的に写真・動画がメインとなるSNSです。ここが最重要ポイントとなりアカウントの今後を左右します。投稿した写真を全て見渡した時の統一感であったり、ターゲットに合った色味や雰囲気であったり、場合によっては人物を入れたり小道具を使ったり、企業・店舗のイメージアップにつながる写真を撮ります。

・DM、コメント返し
ダイレクトメールはもちろん、コメントは他のフォロワーにも見えますのできちんと対応する必要があります。

・定期レポート作成
インスタの管理画面から投稿毎のリーチ数、プロフィールへのアクセス数、保存数、そして全体のフォロワー数の推移などをまとめ、毎月のレポートで提出します。

プラン作成

・コンサルティング
どのようなアカウントで運用するのか、目標や目的な何か、最初のコンセプト作りは最も重要なポイントです。写真をメインとしたブランディングとするのか、写真と文章を組み合わせたコンテンツ重視とするのか、それらを戦略的に考えないといけません。

・ターゲット選定
たとえフォロワーが増えたとしてもあなたのビジネスに興味がない方、共感できない方を集めても意味はありません。なのでターゲットとなるユーザーを洗い出す選定作業も必要となります。具体的にはハッシュタグから検索しアプローチするなどがあります。


インスタ代行のメリット

定期的な更新を丸投げできる

会社としてインスタグラムを運営するには定期的な更新も必要となります。さらに投稿するための撮影・編集から、タグ付け、文章作成、ダイレクトメール、コメント返しなど多くの時間が必要となります。

社内に写真が上手くインスタグラムに精通している人材がいる場合は問題ないかも知れませんが、その社員に依存していると退社というリスクも存在します。インスタグラムを運営する人員の削減と、時間と労力を考慮すると外注した方が良いというケースもございます。

戦略的な運営ができる

インスタを運用する目的は「自社ブランディング」「サービスの認知度アップ」「新たな販路」「購買数を増やし売上アップ」があると思います。そもそもこれらの効果がなければ運営する意味がありません。

基本的に代行会社は専門知識があるか、映える写真が撮れるインフルエンサーを抱えているか、効果的な運営ができるデータやノウハウが備わっています。私的利用ではなくビジネスツールとして運営するなら専門業者に任せるのも1つの手段です。

映える写真撮影ができる

インスタグラムはフェイスブックやツイッターとは違いほぼ写真で決まります。いくらインスタを研究して詳しくなっても映える写真が撮れない(用意できない)、クリエイティブな企画ができないなら基本的に運営は失敗すると思います。

リーチ数やフォロー数の推移など毎月データや資料でもらっても、最終的に辿り着くのは「良い写真を投稿しましょう」になりますから、撮影だけでも代行してもらった方が良い運営ができると思います。ただし最もお金が必要になる部分です。


インスタ代行のデメリット

高い費用がかかる

グーグルで「インスタグラム 運用代行」で検索をすれば何社も出てきますが、毎月かかる費用を見て下さい。おそらく数十万から安くても月5〜10万ほどの料金に設定されていると思います。

プランによってサービス内容も変わりますが、比較的高いと感じる方が大半だと思います。毎月の広告費として数十万円は、大企業はともかく個人で申し込むには厳しい金額であるのが現実。ここが大きなデメリットだと思います。

逆効果になる可能性

インスタグラムは国内だけでなく全世界に発信することになりますので、写真と内容には最新の注意を払う必要があります。コンプライアンス的にNGの投稿があると炎上する可能性もあります。なのでクライアントは投稿前に内容を把握しておいて損はありません。

また業者によっては違法なツール(自動いいね、フォロー整理)を使用するところもあります。その場合はインスタの規約違反となり、アカウント停止あるいは削除される可能性があります。申し込む前に確認しておいた方が無難です。


インスタ運用代行の相場

価格相場月額10万円以下月額20〜30万円月額50万円〜
目的低コストで運営してみたい。ほぼ全て丸投げしたい。インスタをトータルで運用。
提案領域・アカウント開設
・投稿
・キャプション作成
・ハッシュタグ付け
・アカウント開設
・投稿
・キャプション作成
・ハッシュタグ付け
・写真撮影
・コメント DM対応
・簡易レポート作成
・アカウント開設
・コンサルティング
・投稿
・キャプション作成
・ハッシュタグ付け
・写真撮影
・コメント DM対応
・レポート作成
・広告運用

インスタの運用代行の費用は業者によってはもちろん、プランや作業範囲によっても変わってきます。とはいえ、全体的な相場を見ると低価格なプラン運営でも5〜10万円はかかるという印象です。

また低価格だとどうしてもインスタで最も重要な「写真撮影」を行ってくれる業者はほぼいません。それなりに撮れるカメラマンか、インスタを熟知したインフルエンサーに依頼するとなると、やはり20〜30万程度はかかるかと思います。

運用のポイント

KPIとはKey Performance Indicatorの略で、訳すと「重要業績評価指標」となります。これは目標や目的を達成する上で、その達成度を判断・評価するための指標です。リーチ数やクリック数など無数にあり、その中で適切な指標を設定しなければなりません。 このKPIと似てよく使われるKGI(Key Goal Indicator)があります。こちらは「重要目標達成指標」の訳で、ビジネスの最終目標を定量的に評価する指標。店舗で言うと売上や利益率などが当てはまります。

押さえるべきKPI

・フォロワー数
最も重要かつ基本的な指標はフォロワー数です。アカウントの投稿を受け取る可能性が高い母数となりますし、多ければ多いほどリーチ数も多くなります。

・いいね数
投稿した写真に付けられる「いいね」の数も重要な指標です。しかし最近では保存数の方が重要視される傾向があります。

・リーチ数
いかにユーザーに表示されたかの指標です。1人のユーザーが何回見てもカウントされるのは一度だけとなり、どれだけの人が見てくれたか重要な指標となります。

・インプレッション数
リーチ数と似ていますが、こちらは同じユーザーが複数見た時もカウントされます。つまり投稿が表示された合計回数です。

・プロフィールビュー数
アカウントのプロフィールを表示したユーザーの数。いかに自分のプロフィールを見てもらえたかの指標となります。

これらは一部ですが特に重要かつ計測可能なKPIです。アカウントの方向性や投稿の統一感につなげるため、特に開設したばかりのアカウントは上記をKPIとして設定すると良いと思います。


運用実績

上記のアカウントはもちろんツールなどは一切使用しておりません。インスタグラムは写真と動画が良ければフォロワーが増え、効果が得られるという単純なものではありませんが、少なくともユーザーの反応が違うことは確かです。また我々はクライアントへオフラインでの営業もお願いしております。例えばお客様とアカウントを交換したり、名刺を配ったり、我々が及ばない活動についても提案しております。我々も尽力いたしますが、二人三脚で運営した方がより良い結果が出ておりますので、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

よくある質問

ハッシュタグって何?

インスタではハッシュタグと呼ばれる「#」を付けて投稿することがほとんどです。例えばあなたが山口県のグルメ情報が知りたいとして「#山口グルメ」と検索すると山口グルメでタグ付けしている投稿が一覧で表示されます。ハッシュタグはキーワードで同じ興味を持った人たちを見つけたり、他のユーザーに自分の投稿を見てもらったり、ググると同じように自分が欲しい情報を手に入れたり、旬の情報を知れるなどのメリットがあります。ただし一度の投稿で最大30個までとなってますので、投稿するときは数に注意して下さい。

不正なツールとは何?

一部のユーザーしか使ってないと思いますが、簡単に言うと自動で他のアカウントにいいねする機能だったり、自動でフォローし、自動でフォローを外すといった機能を持つ不正アクティビティツールのことです。元から規制対象となっており、アカウントの凍結リストを伴うグレーな手法として存在していました。現在も巧みな手法でインスタグラムの監視を逃れているツールもあるかと思いますが、インスタグラムのAIもどんどん進化しますからいつかはバレると思います。

シャドウバンって何?

自分の投稿がハッシュタグ検索に引っかからない状態になることを言います。つまりハッシュタグで新規で見にきてくれるユーザーがいないということ。しかしアカウントは存在しているのでシャドウバンと呼ばれてます。原因としては、先程の自動いいねツールを使用していたり、一定期間に過度ないいねやフォローをしたり、同じハッシュタグを使い続けるなどが考えられています。解除するには手間も時間もかかるので運用する側は注意して下さい。

必ずフォロワーが増えますか?

フォロワーの増加、売上アップ、集客力アップ、自社の認知度アップ、それらを保証するサービスではありません。私も多くのアカウントを見てきましたが、どうしてもインスタグラムと相性の悪い業種・業態というものは存在します。なのでどのような運営にするのかクライアントと相談して決めるようになります。どうしても我々の力では及ばない領域の場合はお断りさせていただいてます。

すぐ効果が出ますか?

ツイッターなどは拡散力のあるSNSなのでバズって一気にフォロワーが増えることもありますが、インスタは基本的に拡散力は弱めです。なので基本的に中・長期的な運営が前提となります。具体的には半年〜1年くらいはきちんと運営した方が良いかと考えております。

まったく反応がありません。

せっかくアカウントを設計して良い写真を投稿しても反応がないケースもあります。それは「誰にも気付かれてない」ことが原因だと思います。他の方があなたの投稿を見つけるきっかけは「いいねされた」「コメントがきた」「フォローされた」「たまたまハッシュタグ検索で見つけた」この4つのケースが多いです。もちろん他の流入もありますが、これら4つを意識して運営してみると良いかも知れません。

タグ付けのポイントは?

私はハッシュタグにビッグ、ミドル、スモールの3つのボリュームで分類しています。ビッグタグは投稿数が50〜100万件、ミドルタグは10〜50万件前後、スモールタグは1000〜50000件のタグ。ビッグタグは投稿しても次々と新しい投稿に埋もれてしまい、目に触れる機会が少なくなってしまいます。ですのでアカウントを開設したばかりの時はスモールタグとミドルタグを組み合わせることを勧めています。例えば「#写真=1800万件」よりも「#写真好き=200万件」。「#猫=4000万件」よりも「#猫画像=4.5万件」。など。

投稿頻度はどれくらいがいい?

もちろん余裕があるのなら毎日1枚投稿するのが良いと思います。現実的に難しい場合でも1週間に1枚程度は投稿した方が良いと考えてます。もっと良い方法は、投稿の曜日と時間に一貫性を持たせることです。例えば毎週月曜の12時(週1回ペース)、毎週月曜の12時と木曜の18時に投稿(週2回ペース)など。これはユーザーにとってもインスタグラムのアルゴリズムにとっても良いとされております。