レフ板ってこんな物

レフ板ってこんな物

レフ板は英語でボードリフレクター(board reflector)と言い、反射の意味を持つことから一般的に光を反射させるときに使用するものです。

屋外でのポートレート撮影やブライダル、屋内での物撮りや料理撮影など、やや原始的な方法ですが写真や動画問わず今もなお様々なシーンで活用されています。

高額なものから安価なもの、長方形や三角形などの形状、銀レフや黒レフなどの種類、長さ1mを超えるものから30㎝のものまで、シーンによって使い分けることができますが、特に決まりがあるわけではありません。光をコントロールしてくれる補助アイテムだと思ってください。

同じ効果をストロボでも得ることができますが、それよりも省スペースかつ軽いものなので、移動があるロケ撮影にも向いています。


レフ板の使い方

レフ板の使い方

レフ板の最もオーソドックスな使い方は「シャドーを起こす」ということ。

別の言い方だと光を反射させて被写体を明るくするということですが、例えば太陽が光源となっている場合、太陽光があたっている被写体の反対側は強い影(コントラスト)ができてしまいます。

その影を持ち上げて軽減させることが一般的なレフ板の使い方となります。

少し専門的な用語を使うと「フィルインライト」と言いまして、メインライトを太陽とすると、レフ板はメインライトだけでは回りきらない部分を持ち上げる。

つまり太陽あるいはストロボの光をフォローするものとして使用するのが一般的となります。


レフ板の使う向き

レフ板の使う向き

下から当てたり角度をつけすぎるのはNG。顔の真下からライトをあてると分かりやすいのですが、おばけライトと言う顔の印象が悪くなる映り方です。

なので基本の向きとしてレフ板を真下からあてることは特殊な状況を除いて避けた方が良いでしょう。

なので向きと角度としては真横、あるいはやや上目からあてるのがおすすめ。

基本的に光源となる太陽orストロボの反対側か斜めに置いて使用します。私は7割前後の撮影で真横に置いています。

レフ板の効果

影を持ち上げ軽減させる効果の他にも、ポートレート撮影においてアイキャッチ(キャッチライト)を入れるというものがあります。

人物の目にレフ板を映り込ませることで瞳の中が白く輝き、生き生きとした表情へ変化。

四角いレフ板なら四角に、丸いレフ板なら丸いキャッチライトが瞳に映ることができます。

またレフ板は一般的に白く光を反射するために使用しますが、黒レフと呼ばれるものもあります。光を反射する白レフとは反対に光を吸収する特徴があります。

「シャドーを締める」「黒締め」とも言いますが、暗くする時に使用します。

このようにレフ板といっても種類によって効果が変わりますので、自分の表現や撮影によって使い分ける必要があるというわけです。


レフ板の形

・長方形(スクエア)
四角形のレフ板。反射する面が広く、壁に立てかけたり、自立させやすいという特徴があります。私は二つ折りの屏風型のレフ板を使用することが多いです。ただしコンパクトに収納できるタイプではないので、若干ですが他のレフ板よりも持ち運びに手間がかかることと、手持ちでの撮影には不向きとなります。

・丸レフ
軽くコンパクトに折りたためる丸レフ。ポートレートでは瞳に入れるキャッチライトを綺麗な円にすることができます。最もポピュラーなレフ板の1つとなっており、取っ手の付いたタイプであれば片手にレフ板を持ったまま片手でカメラのシャッターを切ることも可能。

・楕円形レフ
縦長の丸レフ。反射する面が広いので、ポートレートで全身に光を回すケースや、コース料理で満遍なく光を回すケースなど、広範囲をフォローするときに使用します。ただし楕円形は扱いが難しく、また自立させるには大きなスタンドかアシスタントが必要。やや他のレフ板に比べて使いづらいアイテムかと思います。

・三角形レフ
こちらも軽くコンパクトに収まるレフ板。取っ手が付いたタイプが多く、1人での撮影でも使用しやすい。丸レフと似ていますがこちらの方がやや手が疲れにくいという印象。ポートレートのバストアップや、料理・物撮りあたりで使いやすいサイズです。私はほぼ使用しない形ですが、意外と幅広い撮影に対応しています。

・半透明レフ
レフ板というカテゴリーではないかも知れませんが、ディフューザーと呼ばれ強すぎる光を和らげるために使用します。


レフ板のサイズ

販売されているレフ板のサイズはA4サイズのものから2mくらいのサイズまで様々ですが、基本的にレフ板のサイズは撮る被写体に合わせます。できれば被写体の倍ほどの大きさを選びたいところ。

小さすぎるサイズだと全体に光を回せず、中途半端なライティングになってしまいます。かといって大きすぎるレフ板は使い勝手が悪く、支えるのも大変になってします。

・小物・一品料理
直径60〜80㎝ほどの丸レフかスクエア。

・ポートレート(バストアップ)
直径80㎝ほどの丸レフか三角形。

・ポートレート(全身)
180㎝前後の楕円形か丸レフなど。

目安としてはこれくらいのサイズ感。被写体とレフ板の大きさ比率は「1:2」が適していると考えられています。持ち運びやセッティングの手間も考慮する必要がありますが、やや大きめのサイズを選んでおくと間違いなさそうです。


色別映り方の比較

レフ板の映り方比較

下記はそれぞれ白・黒・銀・金の映り方を比較した写真です。
カメラ側の設定は
・シャッタースピード 1/200
・F値 8
・ISO 200
・ホワイトバランス K5800

ストロボ側の設定は
・光量 1/16
・照射角度 35mm
・80cm×80cmディフューザー付

白レフの映り方

白レフの映り方
白レフの映り方

最もスタンダードな色。ふわっと柔らかい光を反射する特徴があります。主にシャドーを持ち上げたり、被写体を明るくするために使用します。

私もレフ板の9割以上はこの白色を使用しています。他色と比べて色の変化がほぼなくどんな被写体にもおすすめ。

黒レフの映り方

黒レフの映り方
黒レフの映り方

黒色は他のレフ版とは役割が異なります。コントラスト(陰影)を強調させたり、商品の反射や液晶画面のテカりを抑えたり、影を消すと言うより影を作ることが特徴となります。

また通常のレフ板は光を回すために使用していましたが、黒レフは光の回り込みを防ぐ、つまり逆のときに活用するというわけです。

銀レフの映り方

銀レフの映り方
銀レフの映り方

銀色は最も反射率が高く硬い光となります。夏のような強い光を出したい時、コントラストを強調したい時、また雲天や光が弱い日陰での撮影で使用することがあります。

光を拡散というより集光する特徴から、ふわっとしたライティングよりカリッと表現したいときに最適。

金レフの映り方

金レフの映り方
金レフの映り方

金色も反射率が高く硬い光となります。反射面からオレンジっぽい色がプラスされるので、被写体に温かみ(ぬくもり)を与えるという特徴があります。

また木々や芝生の照り返しで緑被りが起こるときなどに使用します。私が使用するシーンはほぼありませんが、夕日を背景に撮るポートレートだったり、海外ではポピュラーな色のレフ板です。


レフ板の代用品

スケッチブック

レフ板の代用品

スケッチブックはレフ板としてちょっとした物撮りに使用できます。しかも屏風タイプで自立しやすく、色も白なので使い勝手も抜群のアイテムです。

お近くのホームセンターや文房具店、また100均でも購入できる手軽さも魅力。デメリットとしては大きいサイズの物が少ないので、小物の撮影には向いていても、ポートレートなどで使うには反射面積が狭いかと思います。


まとめ

以上のように、レフ板は色や大きさ、また形状や置く場所によって写真の印象を変えることができるアイテムです。費用もさほどかからない上にライトと同じような効果が得られるのでコスパは高めだと思います。

「手軽」「コスパ高め」「コンパクト」これらがレフ板の魅力。

当サイトに記載している商品撮影や料理写真などはほぼ全て照明とレフ板によって成り立っています。下記にURLを貼りましたので、私が実際に撮った写真に興味のある方はどうぞ。大掛かりなセッティングをせずに、また高額な照明を買わずとも、これくらいのクオリティの写真は撮れます。

⇒ レフ板を使った写真

光の反射や回りを理解する一歩として、ぜひ使ってみてください!