Yahooプレイスとは?

Yahooプレイス(旧:ヤフーロコ)はGoogleマイビジネスに似たYahoo独自のサービス。

Yahoo検索などYahooが提供している各種サービスに自社や店舗の説明、またサービス内容や写真をYahooユーザーに発信することが可能となります。

そのためYahoo版Googleマイビジネスと呼ばれることもあります。

・店舗の公式情報の掲載
・口コミの投稿や返信
・Yahooマップからの誘導

GoogleマップだけでなくYahooマップからの集客も行いましょう!というわけです。

しかもGoogleのシェアは約75%に対して、Yahooは約24%。4人に1人はYahooユーザーということを考えると、お客さんの取りこぼしに繋がっている可能性も否定できません。

しかもYahooを利用する年齢層は40〜50代の方が多く、裕福層とまでは言いませんがそれなりに金銭的に余裕がある方が多いのでは?と考えられます。

無料で利用できることを考えると登録しない理由はないので、店舗オーナーや施設管理者は今すぐ登録して欲しいと思っています。

Yahooプレイスの表示場所

試しにYahooで「下関 焼肉」と検索してみました。

「ほぼGoogleマイビジネスだろ」という声も聞こえてきそうですけど、Googleと同様にお店の公式情報が並んでいるのが分かります。

そこから店舗のホームページに飛べますし、さらにYahoo地図からの経路案内、さらに口コミや写真などを見ることができます。

おそらく現在においてYahoo地図に掲載している店舗は「Yahooロコ」に登録していた店舗で、その時の情報をそのまま受け継いだ形で載っていると思います(いずれはYahooロコの情報も消えるらしいです。)。

今後は登録者も増えてくるでしょうけど、まだYahooプレイスの知名度は低いと考えられます。 そんなわけで今すぐ登録すると先行者利益は得られます。

しかしいずれはYahoo版のMEO対策も考える必要性は出てくるでしょう。目立つ店舗はせいぜい3〜4店舗くらい。

行うことはGoogleと変わりませんが、自社や店舗のサイト運営者や、運用代行業者は少し手間が増えてくるかも知れません。

Yahooプレイスのメリット

・Yahooユーザーに店舗をPRできる
・初期費用と月額費用が無料
・店舗情報を常に最新にできる
・店舗のアクセス分析ができる
・ユーザーの口コミに返信できる
・高度な専門知識が不要

なんとなく飲食店の登録が多そうなので店舗と書きましたが、もちろん歯医者さんやクリニックなどの施設に置き換えてもかまいません。

また飲食店においてはデリバリーやテイクアウトの登録もできますし、衛生対策表示(消毒液の設置、従業員のマスク着用、来客数制限など)など細かな設定も行えますので、お客さんへPRするツールとしてはかなり優秀だなという印象です。

Yahooプレイスのデメリット

・業態によっては利用できない
・更新の手間がおよそ倍になる

利用できない業種や業態というのは一部の公共施設、性風俗店などがあげられます。不動産の賃貸物件や販売物件、自然物や公共物なども申し込みができません。

一般的な飲食店や美容院、クリニックなどは問題なく申し込みいただけます。

もう1つ更新の手間というのはけっこうネックです。

GoogleマイビジネスとYahooプレイスを2つ管理するのはなかなかに面倒な作業になるはずです。

こういったサービスは初期登録して後は放置というわけにもいきませんから、定期的な更新を考えると私のような代行業者に依頼するのも1つの方法かなと思います。

Yahooプレイス登録の流れ

①Yahoo公式より申し込み

まずはYahooプレイス申し込み画面にアクセスし、無料でお申し込みをするボタンをクリックします。

⇒ Yahoo!プレイス

するとお申し込み前に「入稿データが必ずしも掲載されるわけではない」などの注意事項が表示されますので、同意して続けるをクリックしてください。

続いて会社や店舗情報を入力します。

会社情報はYahooビジネスIDがあれば省略できるみたいですが、持っておりませんでしたので必要事項を順番に入力していきました。

また私は某会社の代行で登録しましたので、申込者は私の情報になっております。

そして店舗と施設情報ですが

・施設名
・施設名(ふりがな)
・主な業種
・施設の所在地
・審査の連絡先

連絡先は私の携帯番号にしました。申し込みから3〜7日でかかってくるらしいので、ここは必ず入力し出るようにしてください。

以上を入力して登録ボタンを押すと上記画面になります。

登録したアドレスに確認の自動返信メールが届いてますので、チェックしにいきましょう。

Yahooからこのようなメールが届いてますので、確認用URLをクリックして申し込みを完了させてください。

これで一通り申し込みは完了です。後はYahooがあなたが入力した情報と照合して審査を行います。後は電話がかかってくるまで数日ほどお待ちください。

②電話による審査

お申し込み返信メールが届いてから3〜7日営業日前後で担当者より電話がかかってきます。

ちなみに私は3日後にかかってきたのですが、たまたま電話に出ることができませんでした。すぐにかけなおしたのですが発信専用の番号だったようで、Yahooからすぐに「お電話できる日時の候補日をお知らせください」というメールが届きました。私のように二度手間にならないよう必ず電話には出た方が良いです。

そして数日後にYahooからかかってきました。内容は入力事項の確認だけでしたが、連絡先が私の携帯だったためか、店舗の番号へも確認を入れるとのこと。実際に存在している店舗なのかどうかの確認でしょうかね。おそらく登録する店舗の電話番号と、確認の連絡先番号が同じであれば何も問題なく終われたと思います。

電話確認終了後、すぐに契約成立のメールが届きます。

契約と聞くと不安になりますけど、無料のサービスなのでご安心を。

そして最後にID認証のURLをクリックして完了です。

以上がYahooプレイス登録までの流れとなります。

わずかなステップで面倒な手続きはありません。

集客に役立つ無料ツールとしてぜひ活用してみてください。


Yahooプレイスの管理画面

ではさっそくYahooプレイスの管理画面を見てみましょう。Googleの劣化版と思いきや、意外と項目がしっかりと作られており、特に飲食店には向いているサービスだなと感じました。

■基本情報
・衛生対策表示
・メインカテゴリ(変更不可)
・サブカテゴリ(変更可)
・住所
・電話番号
・営業時間
・特別営業
・ホームページURL
・こだわり条件(個室の有無、カード払いの有無、駐車場の有無、クーポンの有無、テイクアウト、デリバリー、バリアフリー、ペット可)など
・キャッチコピー
・説明文
・開業日
・平均予算(ランチ、ディナー)
・禁煙喫煙
・席数
・PR(飲食店のケースだとおすすめ料理やメニューを写真付きで3枚ほど掲載できます。Yahooで検索した時に最も閲覧される場所に表示されると思いますので、良い写真を選んでください。)

などの情報を掲載できます。上記は初期段階で入力する項目ですが、写真投稿やクチコミ返信は定期的に行う必要があります。いずれにせよテキストと写真にはこだわった方がいいでしょう。


導入して数日のアクセス

上記は私のクライアントの導入直後のアクセス解析の画面です。

業種としては飲食店なのですが、山口県という地域で数十のアクセスがあるようです。

まだMEO対策もしてないですし、情報も全てを入力したわけではありません。それでもアクセスがあるということは、少なからず意味はあるだろうと考えられます。

もちろんここから来店につなげるということが最も大切なので、私なりの地道な作業を続けていこうと思ってます。